投資の勉強が今だけ「無料」でできる!>>
スポンサーリンク

株価急落の今だからこそ言いたいこと【信じて継続】

株価急落の今だからこそ言いたいこと【信じて継続】インデックス投資
スポンサーリンク

どうも、つみき(@321tsumiki)です。

株価急落に直面した時は資産が目減りするわけですから、多くの人が「資産が減った、どうしよう」という気持ちになると思います。私も毎日資産総額の確認をしているので、急落時は資産が少なくなったということは少し思います。ですがそれはスマホの画面の数字に過ぎず、長期的に見れば一時的な下げはノイズでしかありません。たとえ値動きが激しくてそれが月々の給与よりはるかに大きいとしても、そんなことを気にしていてはならないのです。

今回は、このような株価急落時に何を考えればいいのか、投資とどう向き合えばいいのかについてまとめていきます。特にコロナショック後から大きな下げが少なくここまで上がり続けてきたので、下げ相場に耐性がない人もいるかもしれません。そのような方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

自己の投資方針とそれを継続するかの確認

短期間で大きく値下がりすることによって、「私の投資方針は間違っているのか」「このまま続けていてもいいのだろうか」といった考えに及ぶことも多々あります。

投資方針が長期のバイアンドホールドの場合は、短期の株価急落は「必ず起きるもの」です。株価はさらに今後も下がり続けるかもしれませんが、そのまま持ち続けていきます。そう投資前に決めたはずなのに株価急落に耐えることができないのであれば、リスク資産の割合が高すぎるか株価の下落率を少なく見積もっていたか、のどちらかだと思います。もっと株式の比率を下げるか、○○ショックが起きても問題がない予測をするべきです。

私はインデックスファンドに長期投資をするべきだと考えているので、短期間で株価が急落しても問題ないようにしておかなくてはならないと思っています。

スポンサーリンク

「長期・積立・分散」の大切さ

長期投資を推奨しているので「長期・積立・分散」を心がけて投資しています。なぜそうしているのか、下落相場でも問題なく続けていける理由をまとめていきます。

① 長期

株価は短期的には上下を繰り返しながら長期的に右肩上がりに上昇していきます。これは、過去の株価や資本主義経済の考え方から、「企業がサービスを顧客に提供することで利益を得て、さらに良いサービスを展開すること」を繰り返すことにより、長期的には企業価値が上昇していくということを根拠としています。

2021年は年初から大きく上昇し続けていましたがここ数日で大きく下げました。しかし、まだ年初より大きく利益が出ている状態であり、1年から数年単位で見ればまだまだ上昇トレンドであることは間違いありません。株価の予想はできないので必ずしも右肩上がりになるとは限りませんが、資本主義経済に則ると右肩上がりになる可能性が高いであろうことはある程度予測できることです。このことを信じることができないのであれば株式には投資するべきではありません。

資本主義については以下の記事が参考になります。

② 積立

一括投資とドルコスト平均法を比較して、余剰資金の一括投資を推奨しています。
毎月、生活費でかかる金額以外を月一回一括で積み立てています。

ただし、余剰資金が大きい場合は、いくらリスク許容度に合わせるのが最適とはいえ、購入直後に下落する不安が付きまといますし、いきなり日々の値動きが大きくなりますので、精神的に不安定になるようであればドルコスト平均法で資金を何度かに分けて投資するのもありかと思います。

一括投資

投資に回すことのできる資金をリスク許容度に合わせて一度に投資商品を購入すること

ドルコスト平均法

投資に回すことのできる資金を最終的にリスク許容度に合うように何度かに分けて投資商品を購入すること

リスク許容度については以下の記事が参考になります。

③ 分散

全世界株式に連動し、時価総額加重平均を採用したインデックスファンドを毎月積み立てています。そもそも株価の上下や世界中のどの国の経済が成長するか、私には予測できません。であれば、世界中に広く分散して投資すればいいと考えるようになりました。近年、投資信託一つで全世界株式に分散できる銘柄も増えてきました。私は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に多くの資産を投じています。分散の仕方や銘柄選択に関しては、それぞれの考え方があると思いますのでここでは割愛します。

スポンサーリンク

相場から退場しないことが大切

急落によって利益が減ってしまったり、損失が出てしまったりしても、自分の投資したものを信じて持ち続けられるかどうかが長期投資においては最も大切です。

長期投資の場合は数十年単位で投資を継続していきますから、どうしても大きな下落相場には何度も直面することになります。その時に自分の投資方針を信じることができないと下落に耐えきれなくなり、売却してしまうことも少なくありません。そうすると相場から退場することになってしまい、その後の上昇相場の恩恵を受けられなくなってしまいます。

短期の上げ下げに一喜一憂せず、株価はランダムウォークであり上がることも下がることもある、大きな上昇と下落を繰り返して年利5%程度の利益に落ち着くものだ、と投資との距離感をうまくとって続けていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

短期の株価急落によって投資方針が自分にとって心地よいものなのかを考える機会になります。自身の投資方針を見直すきっかけにもなるでしょう。株価の上下から投資とのよい付き合い方を学んでいけると今後同じようなことが起こった時に平常心で対応することができるのではないでしょうか。

長期投資の場合は、定期的な積み立てを継続し相場に残り続けることが何より大切になってきます。そのために自分に合ったやり方や考え方、メンタルなどをしっかりと持って続けていきたいものです。

少しずつ積み上げていきましょう。

つみき(@321tsumiki)でした。

もしよろしければ、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

お金の勉強におすすめの書籍(抜粋)

 

 

【新刊無料プレゼント中!】

Bコミこと坂本慎太郎さんの書籍「はじめての資産運用」を無料でプレゼントしています。無料で手に入る間にぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
新刊発売記念特別キャンペーン「はじめての資産運用」無料プレゼント!

【もれなく2,500円分のBTCがもらえます!】

コインチェックが口座開設&入金で全員に2,500円分のビットコインを配っています。
期間限定のお得なキャンペーンです!
※2022年6月30日(木)まで!

コインチェック


【もれなく即時2,000円がもらえる!】

DMM Bitcoinで口座開設するともれなく2,000円をもらえるキャンペーンを開催中です!

DMM Bitcoin


【最大3,000円分の株がもらえる!】

LINE証券が、口座開設すると最大3,000円分の株式をもらえるキャンペーンを開催中です!

初株キャンペーン


【最大5,000円プレゼント!】

LINE証券がFX口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント!

LINE証券

この記事を書いた人
つみき

経済的自由を目指す40代です。家族構成は妻と2人の子どもの4人家族です。本業を頑張りつつ節約をしながら投資を行っています。現在は資産4,000万円を達成し、主に投資についての考えを発信しながら自らの資産形成を公開しています。

つみきをフォローする
インデックス投資
スポンサーリンク
つみきをフォローする
スポンサーリンク
つみきブログ

コメント