投資の勉強が今だけ「無料」でできる!>>
スポンサーリンク

1億円を目指すことにどんな意味があるのか【そんなにいらない?】

1億円を目指すことにどんな意味があるのか【そんなにいらない?】インデックス投資
スポンサーリンク

どうも、つみき(@321tsumiki)です。

わが家は、準富裕層である資産5,000万円を直近の目標に、最終的には1億円という金額を資産形成のゴールに設定して投資を行っています。

投資家にとって資産1億円はキリがよく節目の金額として設定している人は多いのではないでしょうか。1億円を達成すれば、経済的自由はもちろん、FIREやいろいろな働き方を選択することができます。

しかし、果たしてそこまでの金額が必要なのでしょうか。

老後資金を準備したいなら年金制度もありますし、1億円までは必要がないように感じます。若いうちから余剰資金をコツコツと積み上げていき、老後までに数千万円を備えるというのが現実的な一つのプランになるでしょう。

そこで今回は、1億円を目指すことにどんな意味があるのかということについて考えてみたいと思います。この記事が資産形成の目標金額を決めるための参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

必要な生活費を考えれば1億円は不要

わが家が資産形成をしているのは経済的自由を達成したいという理由からです。FIREのFIの部分ですね。

経済的自由とは「資産収入>生活費」となり、資産収入から生活費を賄える状態になることを指します。そうすれば生活のために仕事をするのではなく、本当にやりがいがあり、好きな仕事だけを選択してできるようになります。

早期リタイアで仕事をしない状態になると資産収入だけで生活することになるので、かなりの額の資産が必要になるイメージがあると思います。

ひとつの目安として、年間生活費の25倍の資産があれば早期リタイアできるという考え方があります。わが家は年間生活費は300万円ほどなので、300万円×25倍=7,500万円の資産があればいいということになります。

年間300万円で生活していこうとすれば、その25倍の7,500万円の資産があれば早期リタイアが可能です。もちろん生活費がさらに必要なら、目標資産額はさらに増えますが、生活費が少なくてもよければ必要な額は少なくなります。

つまり、生活費の大小が経済的自由の達成には大きく影響することになり、年間生活費から考えても、1億円という金額は余程のことがない限り不要だと考えられます。

資産形成に高すぎる目標を設定すると、その目標に到達しようと躍起になり、それがストレスになることもあります。

長期的な資産形成を無理なく続けられるように、はじめからいきなり高い目標を設定するのではなく、スモールステップで少し頑張れば超えられそうな目標から少しずつ取り組みましょう。

スポンサーリンク

今も将来も変わらず大切

私は経済的自由を目指していますが、極端な倹約・節約は不要だと考えています。

極端に言えば、本業や副業によって稼ぎまくって、生活費を削減して節約しまくれば、比較的早くに経済的自由を達成できます。しかし、そのような生活を強いられ、若いうちにしかできないことや、自己投資、趣味など豊かな生活からかけ離れた生活になっては本末転倒です。

「今の暮らし」と「働いても働かなくてもいい将来」をバランスよく大切にしていきたいものです。

そこで、資産収入に加えて本業の負担を減らしながら働き労働収入を得ていく、「サイドFIRE」という方法なら、今と将来のバランスを取りながら豊かに生活できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

労働収入と資産収入でサイドFIREを目指す

サイドFIREは、どちらかといえば早期リタイアというよりはセミリタイアという意味合いが近いと思います。

ここでは、労働収入を得る方法として、働き方の選択肢を増やし、やりたい仕事を大きな負担が内容に取り組む方法を考えます。

この方法であれば、好きな仕事を自由に取り組むことができて、働くのが嫌だとか辞めたいという発想になりにくく、労働収入を得るハードルが下がります。

そして、働き方以外にも収入面の大きなメリットがあります。

労働収入が得られれば生活費を労働収入から補うことができるので、準備する資産額は先ほど示した7,500万円より大きく下がってきます。

もし、年間生活費300万円のうち半分の150万円を労働収入から補うことができれば、必要な資産は3,750万円で済むことになります。

これなら、日々の生活を極端な質素倹約にすることなく日々の生活をしていくことができますし、何らかの形でお金を稼ぐことになりますので家族や友人にも「自分が働く姿」を見せることができます。

わが家は2人の子どもがいますので、親としての行動の在り方も考えていく必要があります。仮に早期リタイアできたとしても、子どもは親が仕事を辞めた事実を捉えます。

働くことの意味や社会とのつながり、仕事をしてお金をもらうことについて、親の行動から学んでほしいと思うので、そういった面からも何らかの形で働くことは大切です。子どもたちには仕事がポジティブなものだと教えていきたいですね。

もし、しばらく使う予定のないお金が少ないなら、ポイ活やノーリスクでお金がもらえるサービスがいくつもありますので、それを有効に活用すればいいですね。

現在、もれなく2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中!
今ならコインチェックの口座開設&入金で、2,500円分のビットコインをもれなくもらうことができます。
2022年6月30日(木)まで、期間限定のお得なキャンペーンです!

仮想通貨に興味がある、「Coincheckつみたて」で仮想通貨を積み立ててみたいと考える方は、以下の記事をご覧ください。

\2,500円分のビットコインがもらえる!/
コインチェック

現在、もれなく即時2,000円がもらえるキャンペーン中!
今ならDMM Bitcoinの口座開設完了だけで、もれなく2,000円をもらうことができます。DMM Bitcoinでの口座開設は無料で10分程度ででき、即時2,000円がプレゼントされます!
2022年8月1日(金)まで、期間限定のお得なキャンペーンです!

\即時2,000円がもらえる!/
DMM Bitcoin

現在、もれなく5,000円がもらえるキャンペーン中!
今ならLINE FXの口座開設と1取引だけで、もれなく5,000円をもらうことができます。

LINE FXでもれなく最大5,000円をもらう方法は、以下の記事をご覧ください。

\今なら最大5,000円もらえる!/
LINE FX

スポンサーリンク

まとめ|資産1億円を目指さなくてもよい

これまで見てきたように、必要な生活費から見ても、今と将来のバランスを見ても、1億円という資産は必ず目指すものではないですし、その数字にこだわりすぎると本来の資産形成の目的を見失うことにもつながります。

定年近くまで元気に働けるのであれば、労働収入も期待できますし、今の生活も充実させることができます。いずれにしても、資産形成を進めることで自分の人生の選択肢を広げることができます。

働くことの意義を大切にしながら、自分のやりたいことを選択できるように資産形成を引き続き頑張っていきましょう。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。少しずつ積み上げていきましょう。

つみき(@321tsumiki)でした。

もしよろしければ、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

【新刊無料プレゼント中!】

Bコミこと坂本慎太郎さんの書籍「はじめての資産運用」を無料でプレゼントしています。無料で手に入る間にぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
新刊発売記念特別キャンペーン「はじめての資産運用」無料プレゼント!

【もれなく2,500円分のBTCがもらえます!】

コインチェックが口座開設&入金で全員に2,500円分のビットコインを配っています。
期間限定のお得なキャンペーンです!
※2022年6月30日(木)まで!

コインチェック


【もれなく即時2,000円がもらえる!】

DMM Bitcoinで口座開設するともれなく2,000円をもらえるキャンペーンを開催中です!

DMM Bitcoin


【最大3,000円分の株がもらえる!】

LINE証券が、口座開設すると最大3,000円分の株式をもらえるキャンペーンを開催中です!

初株キャンペーン


【最大5,000円プレゼント!】

LINE証券がFX口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント!

LINE証券

この記事を書いた人
つみき

経済的自由を目指す40代です。家族構成は妻と2人の子どもの4人家族です。本業を頑張りつつ節約をしながら投資を行っています。現在は資産4,000万円を達成し、主に投資についての考えを発信しながら自らの資産形成を公開しています。

つみきをフォローする
インデックス投資
スポンサーリンク
つみきをフォローする
スポンサーリンク
つみきブログ

コメント