LINE FXで最大5,000円をもらえる!>>
スポンサーリンク

下落相場でインデックス投資家がするべきことは?【どう乗り切るべきか】

下落相場でインデックス投資家がするべきことは?【どう乗り切るべきか】インデックス投資
スポンサーリンク

どうも、つみき(@321tsumiki)です。

ゴールデンウィークも終わり、今年も5月中旬まで過ぎました。今年は、インデックス投資を行っているみなさんにとっては米国株式相場の大幅下落があり、厳しい状況が続いています。もちろん株式相場全体を含めても厳しい状況ではありますが。

特定の指数と同じ値動きで資産運用を行うインデックスファンドに投資をすることで、市場全体に広く分散が効いており信託報酬が安い低コストな商品を選択すれば、ほったらかしで比較的安定した運用が可能です。

指数と連動するため、米国を中心とした主要株価指数が下落すればインデックスファンドももれなく下落することになります。

最近インデックス投資を始められた場合は、ここのところの下落相場によって心配で仕方がない人もいるかもしれません。コロナショック以降では初めての本格的な下落相場に直面しています。

下落相場を乗り越える経験を通してインデックス投資家として一歩成長できると思います。ここをしっかりと乗り越えていきたいですね。

今回は、「下落相場でインデックス投資家がするべきことは?」「どう乗り切るべきか?」ということを、私の経験から解説していきます。みなさんがこの下落相場を乗り越えるための参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

米国株式が大幅下落!資産額はどう変化したか?

先日、昨年末の資産額と現在の資産額を比較するツイートをしました。

毎月末に集計している資産額の推移や投資銘柄については、以下の記事にて報告しています。興味があればご覧ください。

昨年末と現在の資産額の変化は、以下の通りです。

2021年12月末の総資産額:4,076万円
2022年5月12日の総資産額:3,907万円

残念ながら169万円ほど資産が減少しました。今年に入ってからの米国株式の下落率から考えるとやや緩い減少となっていますが、おそらく円安の影響です。

資産額の減少は全く気になりません。むしろもっと下げてもらいたいくらいですね。ここのところの相場の下落には正直ワクワクしています。

スポンサーリンク

相場が下落しても投資は継続する

こうした下落相場はインデックス投資を行っていれば必ずやってきます。では、下落相場において対処すべきことはあるのでしょうか?

基本的には株価が下がってもできることはありません。そもそも、下落局面を想定してどのくらいなら一時的に資産が減ってもいいかということを考えて、リスク資産の割合を決めています。

ですから、株価が下がっても特に対処すべきことはない、ということになります。

下落相場はいつまでも続かない、いずれ回復する。

今までの傾向から考えると、20~30%程度と大きく株価が下落したとしても、数年で元の水準まで回復しています。

ですから、下落したときに投資を辞めてしまうより、そのままインデックスファンドへの投資を継続していく方が合理的であると考えられます。

スポンサーリンク

インデックス投資だからこそ積立投資の継続を!

広く分散されたインデックスファンドであっても、下落相場においては資産額の減少は避けられません。そうして株価が下がることで不安が増していき、投資商品の売却を考えてしまいますが、下落相場で売却をしてはなりません。

そもそも、売買するタイミングを計らずに行うのがインデックスファンドの積立投資です。売却するのは実際に投資している資産が必要になる時だけにしましょう。そして、売買のタイミングを読むことはほとんどの人がやっても大抵うまくいかないのでやめておきましょう。

インデックスファンドの積立投資をしているなら、何があっても途中でやめないことが大切。

iDeCoやつみたてNISAを使って積立投資をしているなら、将来に備えるという観点で、相場の下落にかかわらず継続しましょう。長期的に右肩上がりになると思えるなら積み立て続けた方が利益になる可能性は高いですね。

スポンサーリンク

投資を継続して相場に居続けることが重要

投資によって資産は増えたり減ったりして、不安になることも多いでしょう。しかし、投資は不確実でありリスクをとることによってリターンが得られるものです。

そもそも、今すぐ必要でないお金を利用して投資をしているのだから、それが一時的に減ったところで特に生活に影響することは少ないでしょう。

それに今投資しているお金が必要になるのは、早くても約15年ほど先のことです。長期投資を念頭に置いて資産運用していれば、ここ数ヶ月の下げ相場は誤差であることはよくわかると思います。

このように、長期的な視野で投資を見てみると不安が少し取り除けるのではないかと思います。

「今まで通り行動し、ゆったりと構える」ということが下落局面のインデックス投資家に求められる行動であると私は考えています。

もし、インデックスファンドに投資するための手持ちの現金が少ないなら、ポイ活やノーリスクでお金がもらえるサービスがいくつもありますので、それを有効に活用すればいいですね。

現在、もれなく2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中!
今ならコインチェックの口座開設&入金で、2,500円分のビットコインをもれなくもらうことができます。
2022年6月30日(木)まで、期間限定のお得なキャンペーンです!

仮想通貨に興味がある、「Coincheckつみたて」で仮想通貨を積み立ててみたいと考える方は、以下の記事をご覧ください。

\2,500円分のビットコインがもらえる!/
コインチェック

現在、もれなく即時2,000円がもらえるキャンペーン中!
今ならDMM Bitcoinの口座開設完了だけで、もれなく2,000円をもらうことができます。DMM Bitcoinでの口座開設は無料で10分程度ででき、即時2,000円がプレゼントされます!
2022年8月1日(金)まで、期間限定のお得なキャンペーンです!

\即時2,000円がもらえる!/
DMM Bitcoin

現在、もれなく5,000円がもらえるキャンペーン中!
今ならLINE FXの口座開設と1取引だけで、もれなく5,000円をもらうことができます。

LINE FXでもれなく最大5,000円をもらう方法は、以下の記事をご覧ください。

\今なら最大5,000円もらえる!/
LINE FX

スポンサーリンク

まとめ

今回の下落相場でも毎月25万円ほどの入金は続けていますが、資産額は今もなお減り続けています。

しかし、相場が下落したからといって売買するタイミングは計れませんし、そもそも私はインデックス投資を始めるときに資産を実際に使うときまでは取り崩さないと決めています。

下落相場でも積み立てを続けることで平均取得単価を下げることができますので、相場状況に関係なくインデックスファンドへの積立投資を継続していきます。

長期投資を意識して相場を見ることで、この短期での下落相場は一時的なものであり、長期では成長していくものであるということを信じて、投資を継続し相場に居続けましょう。

【私が下落相場で意識すること】
・下落相場でも今まで通り行動する
(売却せず、積み立てを続ける)

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。少しずつ積み上げていきましょう。

つみき(@321tsumiki)でした。

もしよろしければ、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

【新刊無料プレゼント中!】

Bコミこと坂本慎太郎さんの書籍「はじめての資産運用」を無料でプレゼントしています。無料で手に入る間にぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
新刊発売記念特別キャンペーン「はじめての資産運用」無料プレゼント!

【もれなく2,500円分のBTCがもらえます!】

コインチェックが口座開設&入金で全員に2,500円分のビットコインを配っています。
期間限定のお得なキャンペーンです!
※2022年6月30日(木)まで!

コインチェック


【もれなく即時2,000円がもらえる!】

DMM Bitcoinで口座開設するともれなく2,000円をもらえるキャンペーンを開催中です!

DMM Bitcoin


【最大3,000円分の株がもらえる!】

LINE証券が、口座開設すると最大3,000円分の株式をもらえるキャンペーンを開催中です!

初株キャンペーン


【最大5,000円プレゼント!】

LINE証券がFX口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント!

LINE証券

この記事を書いた人
つみき

経済的自由を目指す40代です。家族構成は妻と2人の子どもの4人家族です。本業を頑張りつつ節約をしながら投資を行っています。現在は資産4,000万円を達成し、主に投資についての考えを発信しながら自らの資産形成を公開しています。

つみきをフォローする
インデックス投資
スポンサーリンク
つみきをフォローする
スポンサーリンク
つみきブログ

コメント