LINE FXで最大5,000円をもらえる!>>
スポンサーリンク

【2021年版】ふるさと納税を必ずやるべき理由とおすすめの返礼品【楽天】

【2021年版】ふるさと納税を必ずやるべき理由とおすすめの返礼品【楽天】ふるさと納税
スポンサーリンク

どうも、つみき(@321tsumiki)です。

皆さんは、ふるさと納税をやっていますか?もしくはご存じでしょうか?やっていない人もいるとは思いますが、きっと言葉くらいは聞いたことがあると思います。お金の知識をつける中でふるさと納税は「やらないと損」であることは分かっても、実際のところ、良く分からないところもあるし面倒な手続きが必要だと思って利用していない方も多いのではないでしょうか。

5/12にこんなツイートをしました。

最初は私も、ふるさと納税について調べるのも面倒だし、やらないと損なのはなんとなく分かっていたものの、確定申告の話が出てきたりして、とにかく面倒なことはやりたくないと、重い腰を上げることができませんでした。

しかし、やってみるとやる前に考えていたよりも意外に手間は多くありませんでした。確定申告をしなくてもよい場合もあります。そしてやらないと年間数万円程度確実に損します。

そんな皆さんの重い腰を上げるべく、今回はふるさと納税のやり方を解説できればと思っています。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

まずはじめに、ふるさと納税とは何かということについて確認します。

ふるさと納税は、全国の都道府県や市区町村などの自治体に寄付を行う制度のことです。 寄付を行うとお礼の品として特産品などを受け取れることもあります。 寄付額のうち2,000円を超える部分は所得税と住民税から控除されます。控除される金額は個人によって異なります。

寄付上限額の目安は、ふるさと納税を取り扱っている各サイトにありますシミュレータにて「年収」と「家族構成」等を入力することで知ることができます。

例えば年収500万円で独身の場合、約6万円程度寄付することができます。楽天ふるさと納税の場合は、以下のようなシミュレーション結果になります。

楽天ふるさと納税寄付上限額500

これは、次の年に住民税として支払う予定の6万円を6万円相当のお礼の品(返礼品)と交換することができる、ということです。(2,000円は控除できないので支払うことになりますが)

ふるさと納税をすることで、ただ住民税を払うのではなく、住民税を払ったうえで返礼品を受け取ることができるので、ほぼ無料(実際には2,000円のみ)で返礼品を手に入れることができるのです。

やりたくなってきましたか?

スポンサーリンク

ふるさと納税の具体的なやり方

それでは実際にふるさと納税の具体的なやり方を説明していきます。手順が書いてあるのですが、簡単に言えばネットでお買い物をするのと大差ありません。ネットで商品を購入したことがない人にとってはかなりハードルが高いですが、すでに買い物をしたことがある人は問題なくできると思っています。

ふるさと納税のサイトを選択する

基本的にふるさと納税をする場合には、仲介しているウェブサイトを利用することになります。主要なふるさと納税のサイトを以下に掲載しました。その中でも一番のおすすめは「楽天ふるさと納税」です。

【2021年】ふるさと納税サイトおすすめ12選

楽天ふるさと納税
最大30%超の楽天ポイント還元、楽天会員におすすめ
② ふるさとチョイス
利用者数、掲載自治体数No.1、老舗サイトの安心感
③ ふるなび
Amazonギフト券最大6%還元、家電が充実している
④ ふるさとプレミアム
QUOカードPay6%相当還元
⑤ さとふる
オリジナル品が多数
・ふるさと本舗
Amazonギフト券還元
・au PAY ふるさと納税
Pontaポイント1%還元
・ANAのふるさと納税
マイル還元あり
・ふるぽ(JTB)
ふるさとチョイスと連携
・三越伊勢丹ふるさと納税
オリジナル返礼品を用意している
・ふるさとパレット
宿泊券や体験系に強い
・さのちょく
お得な増量品も、泉佐野市のふるさと納税サイト

返礼品の種類は本当にたくさんあります。サイトにアクセスすると返礼品を見ることができるので一度見てみてください。欲しいものがお得に手に入るサイトを選ぶといいと思います。

ふるさと納税の寄付可能な上限額を調べる

次に寄付可能な上限額を調べます。楽天ふるさと納税の簡単シミュレータで寄付上限額の目安を調べることができます。ふるさと納税の各サイトにシミュレータがあると思いますので、一度調べてみると大まかな上限額が分かると思います。上限額を超えないようにふるさと納税を行えば問題ないので購入の参考にしてください。

お礼の品を選んで寄付する

自分の決めたふるさと納税サイトで、寄付したい自治体や欲しいものを探して購入するだけです。

私のおすすめは、「生活に必要な日用品」です。

タオルやシャンプー、ボディソープなどの洗面、洗濯、掃除用品、またはティッシュペーパーやトイレットペーパーなどの消耗品、小さいお子様がいるご家庭であれば紙おむつやおしりふきなども生活必需品ですね。ほかに食料品や防災グッズなども有用です。

支払いはクレジットカード払いが多いかと思います。ポイントや還元を考慮すると自己負担の2,000円分も還元される場合があります。

購入の際は、5自治体以内なら「ワンストップ特例制度」を活用しましょう。ワンストップ特例制度は、申請書を自治体に郵送することで確定申告を不要にする便利な制度となっています。確定申告が不要の方が対象になっていますが、6以上の自治体の場合は確定申告が必要になりますので注意です。

控除の申請の手続きをする

① ワンストップ特例制度を利用した場合

返礼品と前後して送られてきたワンストップ特例申請書に必要事項を記入し、必要書類とともに各自治体へ返送すると手続きは完了です。

なお、ワンストップ特例制度の申請締め切りは1月上旬ですので、できるだけ年末までに購入し、手続きを終えておくようにしましょう。

② 確定申告をする場合

確定申告の時にふるさと納税を含めてください。返礼品と前後して送られてくる証明書を添付して「寄付金控除」として税務署に申告します。

③ 税金の控除について

ふるさと納税の税金の控除は、次年度の住民税が対象となります。

毎年5~6月ごろに届く「給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額の決定通知書」の、税額の市民税及び県民税等の「税控除額」を確認します。合計でほぼふるさと納税の額になっていると思います。また、摘要欄に寄付金控除額が書いてある場合もありますので確認してください。ふるさと納税額-2,000円の額が記載されています。

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度を使ったのに確定申告をしてしまった場合

情けないことに、昨年度分のふるさと納税にワンストップ特例制度を活用したのはいいものの、医療費控除をするために確定申告をしてしまいました。その後、税務署に対して更正の請求(修正申告)をしましたので、その顛末を時系列にまとめていきたいと思います。(後で追加します、少々お待ちください。)

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ふるさと納税を必ずやるべき理由とおすすめの返礼品について解説してみました。今年ももう6月です。まだふるさと納税をしていない方がいれば、今年の分を早めに行っておきましょう。ふるさと納税で手に入れた返礼品によって、生活費を抑えたり生活をより豊かにできると思います。この記事を見た方全員がふるさと納税を行ってもらいたいくらい節約の効果が得られるものになっていますので、まだの人は面倒くさがらずに取り組んでみましょう。

少しずつ積み上げていきましょう。

つみき(@321tsumiki)でした。

もしよろしければ、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

お金の勉強におすすめの書籍(抜粋)

 

【新刊無料プレゼント中!】

Bコミこと坂本慎太郎さんの書籍「はじめての資産運用」を無料でプレゼントしています。無料で手に入る間にぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
新刊発売記念特別キャンペーン「はじめての資産運用」無料プレゼント!

【もれなく2,500円分のBTCがもらえます!】

コインチェックが口座開設&入金で全員に2,500円分のビットコインを配っています。
期間限定のお得なキャンペーンです!
※2022年6月30日(木)まで!

コインチェック


【もれなく即時2,000円がもらえる!】

DMM Bitcoinで口座開設するともれなく2,000円をもらえるキャンペーンを開催中です!

DMM Bitcoin


【最大3,000円分の株がもらえる!】

LINE証券が、口座開設すると最大3,000円分の株式をもらえるキャンペーンを開催中です!

初株キャンペーン


【最大5,000円プレゼント!】

LINE証券がFX口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント!

LINE証券

この記事を書いた人
つみき

経済的自由を目指す40代です。家族構成は妻と2人の子どもの4人家族です。本業を頑張りつつ節約をしながら投資を行っています。現在は資産4,000万円を達成し、主に投資についての考えを発信しながら自らの資産形成を公開しています。

つみきをフォローする
ふるさと納税
スポンサーリンク
つみきをフォローする
スポンサーリンク
つみきブログ

コメント