投資の勉強が今だけ「無料」でできる!>>
スポンサーリンク

共働き夫婦とインデックス投資の相乗効果【相性抜群】

共働き夫婦とインデックス投資の相乗効果【相性抜群】インデックス投資
スポンサーリンク

どうも、つみき(@321tsumiki)です。

私は俗に言う共働き夫婦です。

妻は結婚前から働いている職場に今も籍を置いています。今は育児休業期間ということでお休みをいただいていますが、子どもを保育園に預けるタイミングで職場復帰を考えています。

そこで今回は、私のような共働き夫婦がインデックス投資と相性がよく相乗効果によって資産形成が加速するということについてまとめます。

専業主婦世帯の皆さんにも見ていただきたい内容になっていますので、一度ご覧ください。

スポンサーリンク

共働き世帯の資産形成がベストである

共働き世帯がインデックス投資で資産形成をすると専業主婦世帯よりも効率よく行うことができます。

「専業主婦になるのが夢」

「結婚したら家庭に入って夫や子供を支えたい」

そう言って、結婚を機に会社を辞める女性もまだまだ多いように感じます。

しかし、私は共働きをしないなんてもったいないと思っています。私は2021年10月現在、40代前半で3,700万円もの資産を作ることができましたが、それは間違いなく妻が働いてくれていたからです。

共働きには、家事や育児と仕事との両立に悩んだり、子どもを小さいうちから保育園に入れなくてはならず、デメリットもあるのですが、大きな経済的メリットもありますので、それについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ共働き世帯とインデックス投資の相性がいいのか

ではなぜ共働き世帯とインデックス投資の相性がいいと言えるのでしょうか。

① 共働き世帯の増加

総務省統計局の労働力調査の結果から、2020年の専業主婦世帯は571万世帯、対して共働き世帯は1,240万世帯となっています。

専業主婦世帯と共働き世帯1980-2020
出典:総務省統計局「労働力調査特別調査」、総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」

共働き世帯の増加は今後も続いていくことが想定され、社会のシステムも共働き世帯の増加に伴って変化してきています。

共働き世帯の増加に伴い、出産や育児などで一時的に職場を離れるのは仕方がないとして職場復帰プログラムや時短勤務など、仕事を続けながら子供を育てるための仕組みが充実しつつあると言えます。

② 共働きの場合、収入が貯蓄の増加に直結する

【条件】
・生活費は年300万円
・手取り年収 夫540万円、妻160万円

専業主婦世帯の場合
手取り年収540万円-生活費300万円=年間貯蓄額240万円

共働き世帯の場合
手取り年収700万円-生活費300万円=年間貯蓄額400万円

共働き世帯の場合は生活費が若干上がることも想定されますが、それでも妻の収入増加分がそのまま貯蓄額の増加につながっていることを考えると、共働きが世帯の貯蓄額増加に大きく影響するのはよくわかると思います。

③ インデックス投資においては入金力が大切

インデックス投資の場合は、年利5%程度を長期的に増やしていく堅実な投資方法です。少ない元本を大きく増やす投資方法ではありません。ですから、投資元本を増やすことがインデックス投資で成功する方法になってきます。

投資元本を増やすためには継続的かつなるべく多くの余剰資金で投資をすることが大切です。インデックスファンドを毎月どれだけ多く購入できるかで資産形成のスピードが大きく変わってくるのです。

そう考えると共働きによって収入の柱が2つになればそれだけ入金力も上がるので、資産形成のスピードは専業主婦世帯よりも早くなることは分かると思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、共働き世帯がインデックス投資の入金力を上げるのに非常に相性抜群だということについてまとめました。

共働きのメリットとしては他にも、

・1人で1000万円稼ぐより2人で500万円ずつ稼ぐほうが税金が安い

・老後の厚生年金が2人分になる

などが挙げられます。

ここのところ共働き世帯が増えてきている現状から、次第に共働き世帯に合わせた制度改革など出産や育児にかかわって仕事を継続していくことができる環境が整ってきています。

それに共働き世帯は貯蓄のスピードが格段に速いです。そうしてできた資産をインデックス投資で増やすことでさらに資産形成がはかどると思います。支出のコントロールをしながら共働きで働き、それをインデックス投資で運用していけば、普通の夫婦でも数千万円の資産を持つことも夢ではありません。

もし専業主婦世帯で、共働きを始めてみたいと考えているなら就職活動をすることで自分の市場価値を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに収入が上がると支出も収入に応じて多くなってしまう落とし穴も存在します。そうならないために節約が最も重要であることも付け加えておきます。

少しずつ積み上げていきましょう。

つみき(@321tsumiki)でした。

もしよろしければ、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

お金の勉強におすすめの書籍(抜粋)

 

【新刊無料プレゼント中!】

Bコミこと坂本慎太郎さんの書籍「はじめての資産運用」を無料でプレゼントしています。無料で手に入る間にぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
新刊発売記念特別キャンペーン「はじめての資産運用」無料プレゼント!

【もれなく2,500円分のBTCがもらえます!】

コインチェックが口座開設&入金で全員に2,500円分のビットコインを配っています。
期間限定のお得なキャンペーンです!
※2022年6月30日(木)まで!

コインチェック


【もれなく即時2,000円がもらえる!】

DMM Bitcoinで口座開設するともれなく2,000円をもらえるキャンペーンを開催中です!

DMM Bitcoin


【最大3,000円分の株がもらえる!】

LINE証券が、口座開設すると最大3,000円分の株式をもらえるキャンペーンを開催中です!

初株キャンペーン


【最大5,000円プレゼント!】

LINE証券がFX口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント!

LINE証券

この記事を書いた人
つみき

経済的自由を目指す40代です。家族構成は妻と2人の子どもの4人家族です。本業を頑張りつつ節約をしながら投資を行っています。現在は資産4,000万円を達成し、主に投資についての考えを発信しながら自らの資産形成を公開しています。

つみきをフォローする
インデックス投資
スポンサーリンク
つみきをフォローする
スポンサーリンク
つみきブログ

コメント