コインチェックで2,500円分のビットコインをもらえる!>>
スポンサーリンク

2人以上世帯の平均貯蓄額1,880万円の記事に対して思うこと【そんなに多かったかな?】

2人以上世帯の平均貯蓄額1,880万円に対して思うこと【そんなに多かったかな?】考え方(貯める)
スポンサーリンク

どうも、つみき(@321tsumiki)です。

5月10日に「コロナ禍でお金ため込む 1世帯あたり貯蓄額1880万円、過去最多」という記事が、Yahoo!ニュースに掲載されていました。当ブログを見ている方の中にもニュースを見た方も多いかと思います。

「世帯の貯蓄額多すぎませんか?」

「みなさんため込みすぎでしょう?」

私、結構驚きました。

友達も同僚もみんな黙っているだけで、しれっと2000万円近い貯蓄を持っているなんて。そう思ったのは私だけではないはず。

今回は、5月10日のこの記事に考えさせられるものがありましたので、ブログに取り上げて気になることや私が考えていることについて、解説していきます。

スポンサーリンク

2人以上世帯の平均貯蓄1880万円?多くない?

まずは、冒頭の記事をご覧ください。貯蓄額1880万円という見出しから見た人も多いかと思います。みなさんはこれを見てどう感じますか?

そして、貯蓄額の内訳も掲載してあります。以下に記事を載せておきます。

総務省が10日に発表した2021年の家計調査報告によると、2人以上の世帯の平均貯蓄は前年比5・0%増の1880万円だった。増加は3年連続で、比較可能な02年以降で過去最高となった。コロナ禍で外出が減り、支出をせずにお金をため込む傾向がみえる。

総務省統計局によると、21年は外食やパック旅行などの支出が減少した。コロナ禍で消費支出全体が減少する中、こうした娯楽関係の支出が減り、預貯金に回ったとみている。

貯蓄額の内訳は、定期預金が1・3%増の615万円、普通預金が5・0%増の584万円、生命保険などが横ばいの357万円、株式などの有価証券が22・9%増の295万円。巣ごもりでの投資ブームが有価証券の増加につながった可能性がありそうだ。

平均の負債額は0・9%減の567万円。貯蓄額から負債額を差し引いた純貯蓄額を世帯主の年齢別にみると、60~69歳が2323万円で最も多く、次いで70歳以上が2232万円だった。50歳未満の世帯では負債額が貯蓄額を上回った。

出典:コロナ禍でお金ため込む 1世帯あたり貯蓄額1880万円、過去最多

この記事を見て、私は「本当にそんなに貯蓄があるの?」と強く思いました。

平均値と中央値の関係から見て、おそらく貯蓄が多い世代に引っ張られて高く出ているのかなと思いました。

また、貯蓄額の内訳の中で株式などの有価証券の増加率が高く、投資ブームが有価証券の増加につながったようです。

NISAなどの非課税制度の2021年買付額は若い世代を中心に増えている状態なので、若い世代を中心に貯蓄から投資へと関心が出てきており、特につみたてNISAの普及拡大が若い世代の新規買付額の増加に影響していると考えられます。

スポンサーリンク

家計調査報告から平均貯蓄1880万円を考える

続けて、総務省が報告した家計調査報告をご覧ください。

【PDF】家計調査報告(貯蓄・負債編)-2021年(令和3年)平均結果-(二人以上の世帯)

家計調査報告によると、要点は4点あります。

【家計調査報告の要点】
① 2人以上世帯の平均貯蓄1880万円、貯蓄保有世帯の中央値は1104万円である。
② 約3分の2の世帯は平均貯蓄を下回る。
③ 負債保有世帯の割合は約4割、住宅・土地のための負債が負債現在高の約9割。
④ 50歳以上は貯蓄超過で、60代の世帯の貯蓄額は2323万円。50歳未満は負債超過。

その中で、特に①、②について詳しく見ていきたいと思います。

① 2人以上世帯の平均貯蓄1880万円、貯蓄保有世帯の中央値は1104万円である。

ここでは貯蓄額についてまとめてあります。

2人以上の世帯における2021年平均の1世帯当たり平均貯蓄は1880万円
このうち、勤労者世帯では1454万円
2人以上の世帯の貯蓄保有世帯の中央値は1104万円となっています。
平均貯蓄は非勤労者世帯の大きな額に引っ張られて、引き上げられていることが見て取れます。中央値で見れば中央に位置する値が分かるので、ちょうどど真ん中の人の金額は1104万円であることが分かります。

中央値って?

中央値とは、数字を小さい順に並べたときに中央に位置する値です。

例えば、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんの5人の平均値と中央値を出すとします。

5人の貯金額は以下の通りです。

【貯金額】
Aさん 100万円
Bさん 100万円
Cさん 100万円
Dさん 100万円
Eさん 4000万円

5人の中央値は真ん中の値である100万円です。

一方、5人の平均値を出すと880万円になります。Eさんの4000万という極端に大きな値に引っ張られて、中央からずれた値になります。

このように、中央値と平均値では値が大きく異なるので、時と場合によって参考にする値を使い分けるようにしましょう!

② 約3分の2の世帯は平均貯蓄を下回る。

ここでは階級別の貯蓄額の分布、貯蓄の種類と構成比についてまとめてあります。

【階級別の貯蓄額の分布】
2人以上の世帯で貯蓄現在高階級別の世帯分布をみると、平均貯蓄1880万円を下回る世帯が約3分の2を占め、貯蓄現在高の低い階級に偏った分布。
【貯蓄の種類、構成比】
通貨性預貯金、定期性預貯金及び有価証券は増加している。

階級別の貯蓄額の分布

下の図を見ると、100万円未満が10.5%と高いのですが、4000万円以上も12.8%となっており、貯蓄保有世帯の平均は高い方に引っ張られていることが分かります。

さらにこのデータでは、中央値の計算は貯蓄現在高が「0」の世帯を除いた世帯を貯蓄現在高の低い方から順番に並べたときに、ちょうど中央に位置する世帯の貯蓄現在高をいう、となっていますので、貯蓄現在高が「0」の世帯も入れると中央値はさらに低くなると考えられます。

貯蓄現在高階級別世帯分布2021

貯蓄の種類、構成比

そして、下の図の貯蓄の種類別、構成比を見ると、通貨性預貯金、定期性預貯金及び有価証券の額が増加しています。

特に有価証券の額は2020年と比較して55万円、割合にして22.9%増加しています。これが冒頭の記事の割合算出のもととなっています。

20~30代の若年層を中心につみたてNISAの口座数、新規買付額ともに増加傾向にあることを考えると、有価証券の構成比が上がるのもうなずけます。

しかし、貯蓄額に占める株式などの有価証券の割合は15.7%と貯蓄から投資にシフトしているかと言われると、そこまで変わっていない印象を受けます。

貯蓄の種類別貯蓄現在高及び構成比の推移

 

もし、インデックスファンドに投資するための手持ちの現金が少ないなら、ポイ活やノーリスクでお金がもらえるサービスがいくつもありますので、それを有効に活用すればいいですね。

現在、もれなく2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中!
今ならコインチェックの口座開設&入金で、2,500円分のビットコインをもれなくもらうことができます。
2022年6月30日(木)まで、期間限定のお得なキャンペーンです!

仮想通貨に興味がある、「Coincheckつみたて」で仮想通貨を積み立ててみたいと考える方は、以下の記事をご覧ください。

\2,500円分のビットコインがもらえる!/
コインチェック

現在、もれなく即時2,000円がもらえるキャンペーン中!
今ならDMM Bitcoinの口座開設完了だけで、もれなく2,000円をもらうことができます。DMM Bitcoinでの口座開設は無料で10分程度ででき、即時2,000円がプレゼントされます!
2022年8月1日(金)まで、期間限定のお得なキャンペーンです!

\即時2,000円がもらえる!/
DMM Bitcoin

現在、もれなく5,000円がもらえるキャンペーン中!
今ならLINE FXの口座開設と1取引だけで、もれなく5,000円をもらうことができます。

LINE FXでもれなく最大5,000円をもらう方法は、以下の記事をご覧ください。

\今なら最大5,000円もらえる!/
LINE FX

スポンサーリンク

まとめ

この記事を読んで私が考えたことをまとめます。

【記事を読んで私が考えたこと】
・平均貯蓄では多くの一般的な家計の実態はつかみにくい。
・世の中の大多数が平均貯蓄1880万円程度を保有していると勘違いしそう。
・貯蓄0円を含めた中央値は1104万円よりも低くなり、勤労者世帯だけならさらに低くなる。
・勤労者世帯より高齢者世帯の方がはるかに貯蓄額は多い。
・記事だけを読むのではなく、記事のもととなったデータにも目を通すべき。
(今回であれば総務省のデータをしっかりと見ておきたい。)

ともかく、平均貯蓄額にはあまり意味がないことと、どんな記事でもその記事のもととなった情報やデータにもしっかりと目を通して自分で考え理解する癖をつけるのがいいと思います。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。少しずつ積み上げていきましょう。

つみき(@321tsumiki)でした。

もしよろしければ、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

 

【新刊無料プレゼント中!】

Bコミこと坂本慎太郎さんの書籍「はじめての資産運用」を無料でプレゼントしています。無料で手に入る間にぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
新刊発売記念特別キャンペーン「はじめての資産運用」無料プレゼント!

【もれなく2,500円分のBTCがもらえます!】

コインチェックが口座開設&入金で全員に2,500円分のビットコインを配っています。
期間限定のお得なキャンペーンです!
※2022年6月30日(木)まで!

コインチェック


【もれなく即時2,000円がもらえる!】

DMM Bitcoinで口座開設するともれなく2,000円をもらえるキャンペーンを開催中です!

DMM Bitcoin


【最大3,000円分の株がもらえる!】

LINE証券が、口座開設すると最大3,000円分の株式をもらえるキャンペーンを開催中です!

初株キャンペーン


【最大5,000円プレゼント!】

LINE証券がFX口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント!

LINE証券

この記事を書いた人
つみき

経済的自由を目指す40代です。家族構成は妻と2人の子どもの4人家族です。本業を頑張りつつ節約をしながら投資を行っています。現在は資産4,000万円を達成し、主に投資についての考えを発信しながら自らの資産形成を公開しています。

つみきをフォローする
考え方(貯める)
スポンサーリンク
つみきをフォローする
スポンサーリンク
つみきブログ

コメント