LINE FXで最大5,000円をもらえる!>>
スポンサーリンク

55歳からでも投資を始めたほうがいい2つの理由【十分な投資期間と経験】

55歳からでも投資を始めたほうがいい2つの理由【十分な投資期間と経験】インデックス投資
スポンサーリンク

どうも、つみき(@321tsumiki)です。

今回は、少し前に私宛に質問していただいた内容に回答する形で記事を書きたいと思います。50代の方からの質問です。

スポンサーリンク

55歳から投資を始めても遅いのではないか

いただいた質問の内容は、

「55歳から投資を始めても間に合うのでしょうか?」

というものです。

私もそうなのですが、若年層で投資の重要性に気が付かなかった、もしくが気付いてはいたものの実際には開始することができなかった事例です。私の場合は38歳で投資を始めていますので現在4年目になりましたが、もっと早く始めておけばよかったと常々思っています。

とくに2010年代はアベノミクスなどリーマンショックで下落した株価が回復した局面でしたし、投資できる現預金も備えていたので投資していればと悔やまれますが、過ぎたことを振り返っていても仕方がありません。

自分が投資すべきであると気付いた時が投資すべき時であると思っています。

それではなぜ55歳で投資を始めても遅いと考えるのでしょうか。その理由を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

55歳からの投資では遅いと考える理由

55歳から投資を始めても遅いのではないかと考える理由には、

「老後までの期間を考えると投資期間が長く取れない」

「投資期間が短いことで複利の力を使いにくい」

ことが挙げられます。それでは一つずつ見ていきましょう。

① 老後までの期間を考えると投資期間が長く取れない

55歳ということは60歳定年で考えると5年、年金支給開始年齢である65歳まででも10年しかありません。実際に資産を取り崩す年齢になるまでに猶予が少ないために投資期間が長くとれないと感じることでしょう。

② 投資期間が短いことで複利の力を使いにくい

そして投資期間が長く取れないのであれば、その分相場に居続ける期間が短くなるので複利の効果が得られる期間も短くなるので、投資で資産を拡大することができず、そもそも投資をする必要があるのかという考えになるのも自然なことです。

スポンサーリンク

55歳からでも全然遅くありません!

55歳ですと定年が間近に迫っており、なかなか投資期間が取れないと思いがちですが、資産形成の原資を積み上げられる時間はまだまだあります。

後述しますが、55歳から投資を始めたとしても20年程度の資産運用期間を取ることができます。そして、投資期間が長く取れるので複利の効果を得ることもでき、投資による資産形成を行っていく意味も大きくあります。

今からでも投資を始めることによって、全く投資を行わないよりも資産を積み上げて定年や老後を安心して迎えるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

55歳からでも今すぐに投資を始めたほうがいい2つの理由

それではなぜ、55歳からでも投資を始めたほうがいいのかについて、2つの観点から理由を説明します。

① 55歳で投資を始めても、20年程の投資期間をとることができる

55歳から投資を始めたとして、何年くらいの投資期間をとることができるでしょうか。

60~65歳で本業が定年になることを想定するとあまり投資期間を長くとることができないと思われますが、現実には定年後も生涯にわたって資産運用は継続していきますので意外とそうでもないのです。

例えば、私は現在41歳ですが、現在の定年である60歳まで勤務するとすれば(定年延長があればこの限りではありませんが)あと約20年間資産形成を続けることになります。そしてリタイア後はその資産を取り崩しながら生活していきます。取り崩している間は資産を投資信託で持ち続けますので、実質的には資産運用は定年後にもさらに続いていきます。

このように取り崩す必要がある生活費以外は投資信託のまま保有していくことになります。積み立てていくのは定年までかもしれませんが、その後も投資信託を保有していくのですから生涯にわたって投資を続けていくことになり、投資期間はそれだけ長くなっていきます。

2021年の平均余命は、55歳男性が28年、55歳女性が34年となっています。ですから、仮に年金を受給することができる65歳まで働いたとしても83歳までの18年間の資産管理が必要となってきます。55歳から投資を始めたとしてもそこから健康的に生活できる20年程度は投資によって資産運用をすることが可能になります。

② 定年するまでに投資経験を積んでおくことが大切

定年後に退職金などのまとまった金額を使って資産運用を始める例も数多く聞かれます。老後に得た大きな金額を使って初めて投資するのは少々リスクが高いと感じます。

老後になってから始めるのではなく、「人生で最も若い今」投資を始めた方が少額から値動きに慣れることもできますし、定年までに投資経験を積むことができると思います。そうして投資経験を重ねながら生涯にわたって投資によって資産形成をしていくほうが安定的に継続できるのではないでしょうか。

相場の暴落や短期的な急落にも動じず投資を続けていくためには、投資経験が何より重要です。これにはできるだけ早い段階で投資を始めておくことが大切です。

さらに、年を重ねることで得られた知見やキャリアが邪魔をして、新たに学ぶことや未経験であることに対して恥ずかしくなったり、わからないことを人に聞けなくなったりする傾向があると思います。

投資判断を求められたときに自分の勝手な判断で損失を被ってしまうこともありますし、投資に関しては自分の知ったかぶりや自信過剰などといった感情がマイナスに作用することも多くあります。

ですから、できるだけ若く謙虚でいられるうちに投資を始めたほうがいいのです。

スポンサーリンク

まとめ

とはいえ、55歳からの投資は、老後が近いことからしっかりと老後のライフプランを定めて期間と目標を明確にしておくことが大切になってきます。

とにかくお金を増やしたいと考えるのではなく、リスクを低減して安定的に運用できるようなリスク割合にする(リスク資産3~4割程度)ことが望ましいです。

具体的には、老後の収入と支出、年間の生活費の額と不足分を算出することから始めて、不足分を補える程度のリターンを考えて投資を行ってはいかがでしょうか。

一度自分のライフプランや将来の予測を立てて、金銭的に安定した老後を迎えるために投資による資産形成をよりよく活用していきましょう。

以下、投資を始めるにあたり参考になる記事です。もしよろしければご覧ください。

少しずつ積み上げていきましょう。

つみき(@321tsumiki)でした。

もしよろしければ、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログへ

お金の勉強におすすめの書籍(抜粋)

 

【新刊無料プレゼント中!】

Bコミこと坂本慎太郎さんの書籍「はじめての資産運用」を無料でプレゼントしています。無料で手に入る間にぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。
新刊発売記念特別キャンペーン「はじめての資産運用」無料プレゼント!

【もれなく2,500円分のBTCがもらえます!】

コインチェックが口座開設&入金で全員に2,500円分のビットコインを配っています。
期間限定のお得なキャンペーンです!
※2022年6月30日(木)まで!

コインチェック


【もれなく即時2,000円がもらえる!】

DMM Bitcoinで口座開設するともれなく2,000円をもらえるキャンペーンを開催中です!

DMM Bitcoin


【最大3,000円分の株がもらえる!】

LINE証券が、口座開設すると最大3,000円分の株式をもらえるキャンペーンを開催中です!

初株キャンペーン


【最大5,000円プレゼント!】

LINE証券がFX口座開設&1取引で最大5,000円プレゼント!

LINE証券

この記事を書いた人
つみき

経済的自由を目指す40代です。家族構成は妻と2人の子どもの4人家族です。本業を頑張りつつ節約をしながら投資を行っています。現在は資産4,000万円を達成し、主に投資についての考えを発信しながら自らの資産形成を公開しています。

つみきをフォローする
インデックス投資
スポンサーリンク
つみきをフォローする
スポンサーリンク
つみきブログ

コメント